教育内容

音楽教室

子どもたちが英語に親しみを感じられるように、
体を使ったゲームや歌を楽しみながら、
元気いっぱい過ごします。外国の人とも垣根を感じずに、
自然にあいさつができる子どもを育てます。

専科英語講師 丸山 佐代子先生

短大にて英文学を専攻され、語学教室で3年間子供達に英語指導。その後、大学生などの国際生活体験語学研修グループのリーダーとして渡米し、バーモント州のS.I.T(スクール・フォー・インターナショナルトレーニング)に滞在し研修をされた丸山先生。 とても明るく、穏やかな先生で、教室では、楽しいアクティビティが子どもたちに大人気です。 国際放送センター通訳、オックスフォード・キッズ・クラブへの参加、英語を使ったボランティアもたくさんされておられるなど、児童英語教育にとても熱心な、素敵な先生です。

楽しみながら、英語に親しもう

英語教室では、子どもたちひとりひとりが英語を使って
楽しめるように、英語を好きになるように、歌やゲームなど、
楽しいアクティビティをたくさん取り入れて英語に
親しんでいます。体を使った歌やゲームを通して、
子どもたちは興味を持ったものを吸収し、
それを表現する力を 身につけていきます。

楽しいアクティビティの中でも、発音に関しては、徹底して正しい発音を心がけています。フォニックスの基礎となる発音や口の動きを真似たり、お腹をおさえて〔P〕〔b〕〔t〕〔d〕…と、しっかり発音するなど、子どもたちは体を使って、楽しくとても上手に練習しています。フォニックスの口の形を真似ることはもちろん、お腹を抑えてトゥの発音をするなど、子どもたちはとても上手に発音しています。

それぞれが大きく成長する姿は毎年素晴しい

和田学園の子どもたちに感じることは、子どもたちが
皆明るくて、気持ちがオープンであることです。
私自身子どもが好きなのですが、子どもたちの笑顔から
いつも元気をもらっています。ゲームで負けて、
泣いたり悔しかったりすることはあっても、
子どもたちの仲がとても良いなと感じています。

あいさつの音楽で、教室を始めるのですが、和田学園の子どもたちは、けじめがあり、先生の言うことはちゃんと聞くことができます。年長さんになると、子どもたちは、長いおやすみの後も習ったことを忘れないようになります。

これからも、英語に親しみを持って、外国の方とも垣根を感じることなく 自然にごあいさつできる子どもを育てていきたいと思っています。

PAGE TOP